東京都大田区の接骨院・整骨院  蒲田中央整骨院 【保険診療・交通事故・労災・スポーツ外傷・骨盤矯正・猫背矯正 他】
ホーム > 豆類とダイエット



 豆類とダイエット


投稿:yamada

豆類を1日130g摂取すると自然と体重が減少すると「American Journal of Clinical Nutrition」で報告がなされています。


この報告では6週間食べ続けることで体重が減少したのですが、どれくらい痩せたのかは次の3択から正解と思うものを選んでみましょう(上記の論文に書いていますが見ないことにしておいて下さい)。


1.360g     2.1800g     3.3600g



豆類130gは日本人なら意外と簡単に摂取できる量かもしれません。

例えば納豆1パックは40gなので、毎食食べる方なら他の大豆製品を摂っているなら、すぐに130gは超えるでしょう。


ただし、大豆に含まれている大豆イソフラボンの摂取目安量の上限値は1日に75mgとされています。納豆1パックには36mg、豆腐一丁(300g)には60mg含まれていますから、納豆なら2パックが摂取目安量の上限となります。


また、大豆に含まれているフィチン酸は食物繊維に含まれるのですが、取りすぎることで腸からのミネラル吸収を阻害する働きを持ちます(納豆などの発酵されたものはフィチン酸は減りますが…)。


このようなことから、痩せるために大豆製品を必要以上に多く摂るのは良くない可能性があります。


ここで、先ほどの質問の答えの発表で、答えは「1」の360g痩せたが正解。


無理して大豆製品を摂るより、やっぱり、食事はいろいろな食材を適度に摂るのが良いのかも知れませんね。


健康に不安を感じたら蒲田中央整骨院にご相談下さい。




2016年11月12日(土)
<< アンチドーピング
2016.11.7
11月の初雪 >>
2016.11.24



はじめのページに戻る



蒲田中央整骨院
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-32-2 鳳ビル1F
03-3733-1652

Copyright (c) Kamata Chyuou Judo Therapist Office All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933