東京都大田区の接骨院・整骨院  蒲田中央整骨院 【保険診療・交通事故・労災・スポーツ外傷・骨盤矯正・猫背矯正 他】
ホーム > 2000年前のバター



 歯周病とビタミンD


投稿:yamada

BMC Oral Health誌に プエルト・リコ大学(University of Puerto Rico)がビタミンDと歯周病に関しての報告が発表されていました。


その報告内容とは、ビタミンDの血中濃度が歯周病に関連があるかもということ。


ビタミンDには、骨とカルシウムの調節という働きが知られていますが、その他にも抗炎症作用や免疫調整作用があることから、関連があると思われます。


歯周病予防のためにもビタミンD不足は避けたいですが、どのような食事がいいのでしょう?


ビタミンDは乾燥椎茸に多く含まれているとよく言われますが、鰯や鮭、サンマなどの魚にも多く含まれていますので食事に1品魚料理を入れるのも良いでしょう。


歯は健康維持のために欠かせないものですので、歯周病予防の観点からも、一度、食事を見直すのも良いかもしれませんね。





2016年9月13日(火)
<< 2000年前のバター
2016.9.12
変形性股関節症と貧乏揺すり >>
2016.9.13



はじめのページに戻る



蒲田中央整骨院
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-32-2 鳳ビル1F
03-3733-1652

Copyright (c) Kamata Chyuou Judo Therapist Office All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933