東京都大田区の接骨院・整骨院  蒲田中央整骨院 【保険診療・交通事故・労災・スポーツ外傷・骨盤矯正・猫背矯正 他】
ホーム > 2000年前のバター



 脚気八処の灸


投稿:yamada

脚気八処の灸ですが脚気に効果的と言うより足のだるさがある時に行うと効果的なものといえます。


この脚気八処の灸を施灸した方からは、「足が軽くなっておしっこが出やすくなった」というご意見もあり、足のだるさが中々取れない方は一度試していただきたいと思います。


使うツボは「風市、伏兎、外膝眼、犢鼻、足三里、上巨虚、下巨虚、懸鍾」の8つ。


ただし、犢鼻は昔の取穴位置で行っています。


お灸は熱くて痕が残ると思われがちですが、じんわりと暖かい程度の熱量で、痕も残らないお灸もあります。


足のだるさでお悩みの方は一度、蒲田中央整骨院にご相談下さい。



2016年9月12日(月)
<< 熱疲労とは
2016.9.12
2000年前のバター >>
2016.9.12



はじめのページに戻る



蒲田中央整骨院
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-32-2 鳳ビル1F
03-3733-1652

Copyright (c) Kamata Chyuou Judo Therapist Office All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933