東京都大田区の接骨院・整骨院  蒲田中央整骨院 【保険診療・交通事故・労災・スポーツ外傷・骨盤矯正・猫背矯正 他】
ホーム > 風邪・インフルエンザ大流行



 風邪・インフルエンザ大流行


投稿:takakuwa

今冬はよく晴れた日が続いているものの、

そのぶん乾燥も(個人的には)いつも以上にきつく

風邪やインフルエンザもかなり流行しているようです。

学級閉鎖どころか学年閉鎖になっているところもあるとか。



かくいう自分も今週の初めに喉がやられてしまい、

熱こそ出ていませんが、まだ万全とはいいがたいです。


ご来院の患者さまにも口頭でお伝えしていますが、

こちらをお読みの皆さまも重々お気をつけください。




さて、喉を傷めたときの対処法、

もちろん最善は専門医に診てもらうことですが、

ご家庭でできることもいくつかありますので、

本日はそちらをご紹介したいと思います。



まずは当たり前のことですが、

マスク、手洗い、うがい!

喉の粘膜が傷ついているときは、それだけで

ばい菌やウイルスが侵入しやすくなっています。


マスクはそれらをブロックするだけではなく、

呼気で喉を保湿する効果も期待できますので、

特に通勤・通学電車が長い方などは必須でしょう。



そして飲みものや食べものにも、喉にいいもの悪いものがあります。

からしやわさび、炭酸飲料などは刺激が強いため避けたほうが無難です。

といっても、痛いときにわざわざ摂る気にはならないと思いますが……。


逆にいいものはというと、有名どころではハチミツですね。

殺菌作用、喉の粘膜の保護、さらには整腸作用まで期待できます。

また、ダイコンにも抗炎症作用、殺菌作用があるといわれており、

個人的には、このふたつの組み合わせがいちばん効きました。

輪切りにしたダイコンに格子状の切れ目を入れ、ハチミツに数時間漬け置くと、

ダイコンの汁が染み出してハチミツに交じり、サラッとした液体になるのですが、

それを飲むことで痛みも炎症も驚くほどあっさり引くのです。


難点は、一度使ったダイコンは捨てざるをえないことと、

特に独り暮らしだとハチミツを使いきれないことです……。



あとはゆずやかりん、きんかんのような柑橘類。ネギ、ショウガ。

こちらも有名どころですが、緑茶や紅茶もいいですね。

ただし、炎症を抑えたいとはいえ身体全体は暖めたいので、

極端に冷たいもの熱すぎるものではなく、

できれば暖かいものを飲みたいところです。



医師の力が必須な場面ではわたしたちも手出しはできませんが、

こういった健康に関するあれこれをお届けすることや、

たとえば咳のしすぎで背中などを痛めたなどの問題には

お力添えさせていただくこともできるかと思います。



年が明けてからだいぶ経ってしまいましたが、

本年も皆さまの健康のパートナーとして、

蒲田中央整骨院をどうぞよろしくお願いします。


2019年1月24日(木)
<< 今月の蒲田中央整骨院は。。。
2019.1.18
今季最大の寒波? >>
2019.2.7



はじめのページに戻る



蒲田中央整骨院
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-32-2 鳳ビル1F
03-3733-1652

Copyright (c) Kamata Chyuou Judo Therapist Office All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933