東京都大田区の接骨院・整骨院  蒲田中央整骨院 【保険診療・交通事故・労災・スポーツ外傷・骨盤矯正・猫背矯正 他】


 がん治療に躍進?


投稿:takakuwa

「がん」という病名を聞いたことがないひとは、ほぼいないと思います。



2013年データに基づく「生涯でがんに罹患する確率」は、

男性で62%女性で46%と、ほぼ2人に1人の割合です。


また、2016年データに基づく「生涯でがんで死亡する確率」は、

男性で25%(4人に1人)女性で16%(6人に1人)

いかに身近な病気であるかということがわかります。



特に乳房のがん(=乳がん)は、2013年において罹患数は女性で1位ながら、

初期症状は自身では判別しにくく、早期発見が難しい疾患です。

(日本以外でも、女性のかかるがんの中では最多といわれています)


そんな現状を見て、ひとりでも多くの患者を救うべく、

メキシコの青年が早期発見のための下着を開発したのだそうです。



がんというのは悪性腫瘍とほぼ同義なのですが、

その腫瘍が発生する際、乳房には血液流入による体温上昇が起こり、

皮下組織の柔軟性にも変化が現れます。


1週間のうち1時間、その下着をつけてすごすことで

そのパターン等をバイオセンサーが組み込まれたパッチで検出し、

スマートフォンやタブレットにあらかじめインストールしたアプリへ送信、

罹患リスクがあった場合に教えてくれるのだとか。



いずれは日本進出も視野に入っているそうですし、

この仕組みを別のがんに応用して、というのもできるかもしれません。



がんという疾患は、飲酒・喫煙や食生活、運動不足の見直し等、

生活習慣の改善で罹患のリスクを減らすことはできますが、

完全に予防できるものではありません。


しかし、このような形で早期発見さえできれば、

すぐに命に関わることは少ないものでもあります。



また、最近では京都大学iPS細胞研究所でも、

がん治療に有益な研究結果が発表されており、

今後のがん治療にすこし明るい展望が見えてきそうです。


2018年5月25日(金)
<< 今月の蒲田中央整骨院は。。。
2018.5.11
今月の蒲田中央整骨院は。。。 >>
2018.6.18



はじめのページに戻る



蒲田中央整骨院
〒144-0052 東京都大田区蒲田5-32-2 鳳ビル1F
03-3733-1652

Copyright (c) Kamata Chyuou Judo Therapist Office All Rights Reserved.